あうとどあふぁん

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

超快晴

とにかく抜けの良い空でした。
阿蘇はもちろん由布岳、雲仙、もっと遠くの山々までハッキリ見えてました。

e0151486_22241025.jpg


e0151486_2225118.jpg

[PR]
by SHIN75268 | 2010-01-19 22:25 | 撮影

焼ける・・・

朝日に焼ける
e0151486_20532280.jpg


朝日を浴びる
e0151486_2055196.jpg


焼ける
e0151486_213062.jpg


染まる
e0151486_2145319.jpg


焼ける
e0151486_2162025.jpg


舞う(爆)
e0151486_21135353.jpg



輝く満天の星空と、雲ひとつ無い快晴の青空に祝福されfine88さんの九重中岳への初朝駆けは無事成功しました。
オッサン二人(gon5onさん、私)に気を使いながらホント彼は頑張りました(笑)

気温も低くなく風も無く絶好のコンディションでした。
夜明けちょい前ぐらいから風が強く吹き出し、山頂は寒かったので僕は池の小屋で朝御飯を食べてました(笑)
が、fine88さんは無我夢中で撮影しまくっていました(笑)


久しぶりに楽しい山行でした。
[PR]
by SHIN75268 | 2010-01-17 21:30 | 登山

暗い夜も安心!

e0151486_22493779.jpg


左がPRIMUSのPrimeLiteで、右がGENTOSのHLX-339です。

この二つの共通項は購入金額が安いのにめっちゃ明るいって事です(笑)
とにかく明るい。

最初に使ってたキャップライトは照射範囲、距離ともに狭く短いものでした。
長者原から雨ヶ池越えて坊がつるに行くコースを夜歩いてて得体の知れない何かがスーッと横切って
行ったあの瞬間が忘れられません(笑)
ライトがその物体を照らし出せなかったので光る目だけがスーッと・・・

でも今のこの二つのキャップライトなら照らし出せます!
ガッツリ行けます!

去年の夏ぐらいから使ってますが文句無くお買い得の二品です。
[PR]
by SHIN75268 | 2010-01-10 23:16 | 道具

快適

e0151486_2340785.jpg


アイゼンは途中からずっと着けてました。
実際トレースが凍ってたし慣らす意味も込めて着けっ放しで歩きました。
ヤフオク韓国製ですが全く問題ありませんでした。

チラっと写ってるストックもヤフオクで1本600円です(爆)
ちゃんとしたやつ使ってる人から見れば玩具なんでしょうが僕には十分です。

靴はさすがに良かったです。MOAB MIDに比べるとエアクッションが断然良い!
ふわんふわんで歩いてました。

僕の趣味を快適にしてくれてる道具達に感謝です!
[PR]
by SHIN75268 | 2010-01-06 23:59 | 道具

月明かり

e0151486_1625314.jpg

[PR]
by SHIN75268 | 2010-01-05 16:25 | 撮影

大船山

やはり登っておくべきだったのか・・・。

画像の整理しながら猛烈に後悔しております。

雪化粧の大船山
e0151486_2051154.jpg



アーベントロート
e0151486_2121182.jpg


e0151486_21341191.jpg

[PR]
by SHIN75268 | 2010-01-04 20:54 | 撮影

結局山歩き・・・

明けましておめでとうございます。
今年も拙いブログですが宜しくお付き合い下さい。
本年も宜しくお願い致します。


1/3に九重坊がつるへ。初登りは雪の九重連山・・・のはずでした。
今回は吉部登山口を選択。
正確には登山口過ぎてゲート過ぎてちょっと行ったとこにある登り口から入山します。

道中はトレースがついてるのでそれが凍ってツルツルでした。
e0151486_14515795.jpg


道中の半分は山道で残りの半分が大船林道(ジャリ舗装)です。
e0151486_1542474.jpg


トレースは殆どが人間の足跡ですがたま~にウサギとかのもありました。
e0151486_1555220.jpg


とにかく道なりにトボトボ歩いていくと見慣れた山々が姿を現してきます。
e0151486_15112545.jpg


ホントは坊がつるにテント設営したら大船山にでも登るつもりだったのですが
久しぶりにパンパンのザックを担いだのでバテてしまいました(笑)
とりあえず設営して中岳の頂上で動くfine88さんらしき人をのんびり眺めてました(爆)

で、夕方・・と言っても15時半ぐらいには天狗ヶ城に日が沈みました。坊がつるは山の陰・・・。
e0151486_16322271.jpg


この時点で温度計は-4℃。寒いのでちょっと歩き回りました。
夕日に染まる三俣山は綺麗でした。
法華院の湯気もとても魅力的でしたが湯冷めしそうだったので諦めました(笑)
e0151486_16451439.jpg


テントに戻って夕食の準備を・・・と思ったら昼間の水滴が凍ってる(爆)
e0151486_17395.jpg


ちなみに・・・
e0151486_1753347.jpg



この時点で悩んだんですよ。どう考えたって寒いんですよ(笑)
夕食終わってシュラフに潜り込んだのですが、どうにもこうにも寒い。
ちゃんと防寒着も着込んでるんですが足だけが温まらない。カイロ使ったりしてるんですが温まらない。
眠たいんですが眠れない状態。
時間だけが過ぎていく・・・。熟睡できないまま気が付けば21時。
1/4の2時から中岳に朝駆けする予定だったので本来なら夢の中じゃないといけない時間。
外に出てみる。風はほとんど無風。雲ひとつ無い満天の星空。典型的な放射冷却。

いろいろシュミレーションしてみる。
予定から何を変更するかが問題となってくる。出来れば全て予定をこなしたい。
予定では2時から登り始めて4時過ぎに御池のほとりで「しぶんぎ座流星群」を撮影して
そのまま朝の撮影をして下山するつもりでした。
どうせ眠れないのなら今のうちに登ってリニューアルされた池の小屋で暖を取りながら待つか。
翌日の天気、自分の予定、いろんなことを考慮して今回は撤収する選択をした。
23時を回ってたが荷物を整理しパッキングしテントを片付けて0時に下山を開始した。
ちなみに温度計は-12℃でした。
1時半に何とか無事吉部に着いた。
ホッとしてお茶を飲もうとザックからペットボトルを出したら3割程度凍ってました(笑)
それなら温かいスープでもと思いザックから水のペットボトルを出すと半分ほど凍ってました(笑)
後ろ髪を引かれつつそんな九重を後にした。

認識の甘い部分などが露呈した一日でした。
ただ良い経験は出来たと思う。この経験が次回に生きるなら惜しくは無い。

晴れた雪山を歩けたのでOKです(笑)
[PR]
by SHIN75268 | 2010-01-04 17:55 | 登山